【新型コロナウイルス感染拡大防止のお願い】

<寺院内でのお願い>


境内地は開門中ご自由にご参拝下さい。


お寺での法事等で建物内に入られる時は、玄関先に用意している除菌スプレーをご利用下さい。


客殿・持仏堂内は三密(密閉・密集・密接)防止の為、換気を行い椅子の間隔を広めにしています。尚、お寺での法事は暫くの間参列者を10人程の制限を行います。


読経中、参列者の方はマスクをしたままで構いません。


寺院関係者はマスクを着用し、建物内は椅子・机・手すり等は次亜塩素酸電解水を用い掃除を行い、随時換気を行うなど感染防止に努めています。


<法事・葬儀でのお願い>


ご自宅での法事・葬儀の際は、換気を行うなど三密状態にならないようご配慮下さい。


住職は読経中以外マスクを着用します。住職が着用している法衣は除菌スプレーを噴霧し、各家にお邪魔する際は携帯用の除菌ジェルを用いるなど感染防止に努めています。


<法事等を延期される場合>


伺っている予定は通常通り読経を行いますが、状況如何によりましては予定を変更する場合があります。


参列者が遠方からお越しの場合、またご高齢の方がおられるなど不安な場合、法事等の延期も可能です。その場合は必ず当寺までご連絡下さい。


<コロナウイルスが原因で亡くなった場合>


感染防止の為、通常の通夜・葬儀は行う事が出来ません(行政により対応が異なる場合があります)。


当寺近隣地域の場合、死亡後病院から直接火葬場に行き火葬を行います(※本来死亡後24時間以内は法律上火葬が出来ませんが、この場合は感染防止の為法律に該当しません)。火葬後収骨し一定期間が経過してから読経(引導作法)を行う事が出来ます。


<法要・行事について>


多くの方が集まる法要・行事につきましては感染防止の為、暫くの間お休みします。


状況が落ち着きましたら再開します。その際はホームページ等でお知らせします。